体を動かすって楽しいね!

6月保育目標:保育教諭や友達と一緒に全身を使って遊ぶことを楽しむ

○踊るの楽しいね!

 踊ることが大好きな桜組の子ども達は、遊戯室で『ペンギンのプール体操』の曲がかかると、喜んでステージに上がり、踊り始めます。音楽に合わせて体を動かしたり、友達や先生の踊る姿を真似したり、踊っている友達を見たりして楽しんでいます。中には、大型積み木をステージにして、その上に乗って踊るなど、一人一人が楽しみながら踊っていました。曲が終わってしまうと「もう一回!」「次はパプリカがいい!」のリクエストも聞かれ、遊戯室には楽しい音楽が響いています。

 

○ぶら下がるって楽しいね!

 園庭で遊んでいると、年上の友達がうんていで遊んでいました。その姿を見ていた女の子が「やりたい!」とうんていにぶら下がり、遊び始めました。ぶら下がっている友達の姿を見て「ぼくもぶらーんってしたい!」とどんどん集まり、桜組同士でぶら下がる姿が見られるようになりました。ぶら下がることができると「先生~みてみて~」と楽しそうな表情を見せてくれます。また、うんていだけではなく、鉄棒や木と木の間にくくりつけたロープなど様々なものにぶら下がることを楽しんでいます。

年上の友達を真似て遊ぼうとする姿を大事にして、いろいろなことに「やってみよう!」とする気持ちをこれからも大切にしていきたいです。