桜組ってたのしいね!

4月保育目標:保育教諭や友達と一緒に興味のある遊びを楽しむ

ある日、園庭で遊んでいるとバケツとスコップ、皿、スプーンを両手に持って砂場に向かう子どもがいました。スコップで砂を掘り始めると、バケツいっぱいに入れ「見てー」と嬉しそうに教えてくれました。バケツの砂をどうするのかなと見ていると持ってきた皿にスプーンを使って入れ始めました。皿にいっぱい入れると別の皿を探してきて再び砂を入れ始めました。そしてまたいっぱいになると新しい皿を探すということを何度か繰り返しているうちに、なんと8枚の皿が並んでいました!「何を作っているの?」と聞くと「お弁当!」と教えてくれ「どうぞ」と言ってごちそうしてくれました。すると近くで遊んでいた友達にも「どうぞ」と言って弁当を渡しているのでした。そこから、弁当をごちそうになった友達と先生と3人でのお弁当作りが始まりました。今までは一人遊びをじっくりと楽しむことが多かったのですが、新しい環境や保育教諭に少しずつ慣れて安心して過ごし、だんだんと興味のある遊びを、友達と関わりながら楽しむ姿が見られるようになってきました。これからも、友達と関わる姿を大切に見守り、保育教諭も一緒に関わりながら、興味のある遊びを楽しんでいきたいと思います。