自然いっぱい!春の園庭

5月保育目標:保育教諭と一緒に、身近な自然に触れて遊ぶ

 担任が園庭に行く準備をしに戸外へ出ているのを見ると、「わたしも行きたい!」と言っているように出入り口に集まり、戸外遊びに行くことを楽しみにしています。

 園庭へ行くと、タンポポやシロツメクサが咲いていました。「タンポポだよ」と見せると、手を伸ばして手に持ち、「フー」と息を吹きかけていました。綿毛のタンポポでは無かったのですが、タンポポを見て綿毛をイメージしたのでしょうね。その気づきに感心させられた一場面でした。

 砂場では、砂をギュッと握って手を高く上げ、パラパラと落ちる様子を見て楽しみながら砂の感触を楽しんでいる姿も見られました。シャベルで砂をすくってカップいっぱいになるまで砂を入れる子もいます。

 暑い日は砂にバケツで水をかけてみました。水がかかった砂を触りたく、かけた所かけた所へとバケツを追いかけ触りにいく姿。乾いた砂と水をかけ湿った砂との違いを感じていたようです。

 春の心地よい気候の中、見て、触り、五感で感じて、思う存分自然に触れて楽しんでいます。