先生と仲良し 触れ合い遊び

4月保育目標:保育教諭の関わりの中で新しい環境に少しずつ慣れる

 新しい環境に、初めは戸惑い不安な様子の子ども達もいましたが、少しずつ慣れてきて遊びを楽しんでいます。

 ピアノの音や先生の歌声が聞こえると、じっと音楽の鳴る方を見つめ、身体を揺らしたり、手を動かしたり。そんな中、「いっぽんばし」や「バスにのって」の触れ合い遊びをしてみました。すると「キャハハ」と声を出して笑って「もっかい(もう1回)」と言ったり、手を伸ばしたりして繰り返ししてもらおうとしています。先生と一緒に触れ合って遊ぶ楽しさと、次がどうなるかということが分かって、その予想したことが起こると、「きたきた!」と、それがより楽しさを増し繰り返しを求め何度も遊んでいます。

「バスにのって」の歌遊びを楽しんだ流れから、マルチパーツという、いろいろな使い方のできる台のような手作り遊具で、バス遊びをしました。先生や友達と一緒に座って「バスにのって」の歌を歌うと、マルチパーツがバスに変身!「ブッブー」と言ったり身体を揺らしたり、笑顔でバスに乗って楽しんでいます。

 新しい環境に慣れるまでは抱っこしたりおんぶしたりして過ごすこともありましたが、安心して抱っこやおんぶから離れて興味のある遊びを楽しんでいます。