赤いネーム嬉しいな!

4月保育目標:新しい環境に慣れ、保育教諭に親しみを持って、安心して生活する

 梅組に入園、進級し赤いネームをもらうと大喜びの子ども達。「先生!見て」とネームを見せにきて、子ども達の表情はお兄さんお姉さんになった嬉しさで溢れています。梅組になり、自分のマークの場所を覚え、おたよりばさみを出したり、コップや手拭きタオルを出したりするなど朝の身の回りの始末を張り切って行っています。

 4月から仲間入りした新しい友達にも「~くん」と優しく話し掛けてくれたり、「一緒に給食食べよう」と誘ってくれる姿もみられ、微笑ましく思います。

 また、給食の時間になると、自分の弁当を出したり、スプーンやフォークを並べたり、おしぼりを絞ったりしています。「先生、このお皿はここ?」とおかずや汁物の食器を置く位置も考えながら準備するようになってきています。子ども達の自分でしようとする気持ちを大切に受け止め、安心して生活できるようにしていきたいと思います。