わ~い! 雪だ~!!

1月ねらい:冷たい空気を肌で感じたり、雪や氷に触れたりして冬の自然に親しむ

 雪が降ると外を眺め「ゆき~!」と喜んでいた子ども達。今年は暖冬と言われていることもあり、なかなか雪遊びができるチャンスがなかったのですが、今月末になりたくさん雪が積もりました。布団のような雪の地面にゴロゴロと転がったり、ズボズボと雪の中を歩いたり、そりに乗ったり友達が乗っているそりを引っ張ってみたりと、全身で雪の感触を楽しんでいます。
 子ども達と一緒に雪だるま用の雪玉を作っていると、「めめは?」と聞かれました。顔のイメージができるようになったことに驚きながら、パーツになりそうなものを探していると、「めめ!」と友達が小さな雪のかたまりを持ってきてくれたのでした。顔に付けてみると嬉しそうな表情の二人。友達とのイメージの共有ができたと感じた瞬間でした。
 手や足、五感など全身で雪や冬の空気を感じながら、今の季節にしかできない遊びを存分に楽しんでいます。