秋の自然物を使って遊ぼう!

10月ねらい:身近な秋の自然に触れ、季節の変化や自然事象に興味、関心を持つ。

 

 戸外に出ると落ち葉や木の実を見つけ、「赤い葉っぱがあるよ」「こっちは黄色になってるよ」「料理に使おうよ」とままごとに使っています。皿いっぱいに落ち葉をのせ、テーブルに何皿も並べパーティーごっこの始まりです。友達同士でテーブルを囲み笑顔で会話を交わし、楽しそうな姿が見られています。
 保育室にどんぐりと段ボールの板で坂を用意しておくと、どんぐりを転がして遊び始めました。次第に「よし、コース作ろう」と、廃材や木材でコース作りに発展し、転がっていくどんぐりの動きがおもしろく、皆の笑い声が響いていました。
 松ぼっくりと毛糸を用意しておくと、ぐるぐると巻き始めました。簡単なようですが、初めは巻いた毛糸が緩んでいたり、「できない」と諦めたりしていましたが、何度も繰り返すことでコツを覚え、色とりどりのきれいな松ぼっくりがたくさんできています。
 自然物を使った遊びは、子ども達の興味を引き付け、自ら工夫し遊びを進めていく経験ができています。