ピエールさん来園

9月25日(火)に、酒田市在住でフランス出身のピエールさんが来園し、松、竹、梅組の子ども達が異文化交流を楽しみました。初めにピエールさんから、スライドを使ってフランスについて教えていただきました。初めて見聞きする話や写真に興味津々で、目を輝かせながら聞いていました。

全体会の後は、クラスごとピエールさんと一緒にあそびました。

梅組は椅子取りゲームをして遊びました。ピエールさんに負けまいと気合の入る子どもたち。勝ったり負けたり、とても盛り上がりました。最後はピエールさんからがんばり賞のメダルをもらいました。

竹組は牛乳パックを使った竹トンボ作りをしました。牛乳パックの部分に絵を描きながら、「赤はフランス語でなんて言うの?」などと質問する声も聞かれ、だんだんと緊張がほぐれてきたようです。最後は遊戯室で竹トンボ飛ばし!コツをつかむと高く飛ばせるようになりました。

松組は、運動会が近かったので玉入れをして遊びました。子どもたちの競争心に火が付き、白熱した玉入れとなりました。負けた白組は“次は負けないぞ!”とピエールさんと作戦会議です。

最後は遊戯室で会食です。食後のデザートに、ピエールさんからフランスの少し変わった味のグミをいただきました。食べ慣れない味に「おいしくない!」と率直な感想を口にする子も多くいましたが、それもまた貴重な体験ですね。

初めは緊張していた子どもたちでしたが、とても明るいピエールさんのお人柄に緊張がほぐれ、楽しい時間を過ごすことができました。ピエールさん、奥様、どうもありがとうございました!