大きいプールで、パチャパチャパチャ!

8月ねらい:保育教諭や友達と一緒に夏の遊びを楽しむ

 天気に恵まれた日は毎日のようにプール遊びや水遊びを通して、楽しく水に親しむことができました。

 プール遊びは初めの頃、激しい水しぶきを怖がったりドキドキしながらプールに入っていたりしていました。しかし回数を重ねる毎にどんどんプール遊びの楽しさを知り、すっかり水と仲良しになっていきました。一人でプールの滑り台を勢いよく滑り降りたり、ビート板につかまってバタ足をしたり、水に潜ってみようと挑戦したりしていました。特に水の中で四つん這いになって進むワニ歩きはできるようになった子が多く、ワニ歩きで鬼ごっこをしたところとても素早く逃げ回れるようになり、鬼役の担任は全員を捕まえ切れない程でした。それだけ水に親しみ、プールの中で遊びこなせるようになったことに、たくましさを感じます。

 プール終いの日はあいにくの雨でしたが遊戯室で、「プール遊びの楽しかったこと」「プールでできるようになったこと」を、3・4・5歳児で発表し合いました。「ビート板でパチャパチャが楽しかったです!」「イルカみたいに泳げるようになりました!」等と言って、プールに見立てたブルーシートの上で、得意顔で泳ぎを発表してくれました。

 今年の暑い夏だったからこそ、水の冷たさや感触をより心地よく感じ、毎日友達や先生とプールで楽しく元気いっぱい遊ぶことで、プール遊びが大好きになった子ども達でした。