保育園について

保育園とは

児童福祉法に基づき、保護者や同居の祖父母が就労等の理由により、家庭において子どもを十分保育することができない場合、 保護者に代わって日々保育する児童福祉施設です。それぞれ児童福祉法の基準に沿った入所定員、保育士数、施設の規模などに より運営されています。

入所できる児童(保育の実施基準)

保育所に入所できるのは、0歳から5歳の児童(義務教育就学前の乳幼児)で、保護者が次のいずれかの事情にあるとともに、 同居の親族その他の方も保育できない場合に限ります。

  • いつも居宅外で労働している場合。
  • いつも居宅内でお子さんと離れて日常の家事以外の労働をしている場合。
  • 母親が妊娠中であるか、または出産後間がない場合。(おおむね出産前2か月、出産後6か月以内)
  • 病気、けがまたは心身に障がいがある場合。
  • 病気または心身に障がいがある同居の親族を長期にわたり常時介護している場合。
  • 震災、風水害、火災その他の災害の復旧にあたっている場合。
  • その他どうしても家庭で保育できない場合。

※小学校入学準備のため、集団生活を体験させるため、あるいは下の子どもの保育に手がかかるということなどの理由では入所の対象となりません。

保育料 保護者の所得に応じて変わります。
保育時間 原則として1日8時間。延長保育あり
給食

3歳未満児完全給食
3歳以上児副食給食

申し込み

入園申し込みは、子育て支援課または各保育園へ。
次年度の申し込みについては9月の酒田市広報でお知らせします。

休み

日曜祝日、年末年始

備考

兄弟姉妹で入園している場合の保育料は、第2子1/3、第3子は無料となります。
(幼稚園等の同時入園を含む)

詳しくは、酒田市発行の「子育てマップ」をご覧下さい。